元工事業者が語る、光回線工事立会の心得【単身者編】

インターネット

大学生・専門学生

お時間に余裕を持った立会をするべき。

学校から家までが近く、昼休みや講義の空きコマで一時帰宅して工事立会することもあるでしょう。

営業担当や申込窓口から「工事は60分~90分程度で終わります」とご説明を受けることもあるでしょうが、それは間違いです。

正確には、「終わります」ではなく「終わることが多い」でして、それ以上に時間がかかることもあります。こればかりは事前の現地調査や当日の施工を開始してみないことには完了予定時間の見通しが立ちません。

「次の授業に間に合わない!」「もうアルバイトに行く時間だ!」などとなってしまわぬよう、お時間に余裕を持ったお立会をすることをおすすめいたします。

※ご入学・お引越しのタイミングで、親御さんお立会の元、工事するのが理想的です。

立会は付きっ切りでなくても良い。

上記の通り、工事には時間がかかります。家具移動や場合によって穴開けなど、お客様のご承諾が必要な場面では、都度工事業者からお声掛け・ご要望が入ります。

お客様がたえず工事業者のそばに付き添う必要はありません。

ベッドに寝転がって読書をするでもSwitchで遊ぶでも、お好きなようにお寛ぎください。

※工事業者からお声掛けがある以上、熟睡不可ww

サラリーマン・OL

工事は平日の仕事終わりか休日にするべき。

学生さんの項目でもお話しいたしました通り、お時間に余裕を持った立会をなさるべきです。

学生さんよりも断然お忙しく、日々の業務に勤しみ本当に頭が下がります。お疲れ様です。

工事は、休日前日の勤務後や休日など、無理のないスケジュールでお立会いただくことをおすすめいたします。

立会は家事をしながらでも大丈夫。

平日日中はお忙しく、平日夜間や休日に掃除・洗濯などをまとめてやる方もいらっしゃるでしょう。

工事立会は、家事をやりながらでも大丈夫です。お客様さえお気になさらなければ、軽くお食事をするのもありでしょう。

学生さんの項目でもお話しいたしました通り、お客様への確認事項は都度工事業者からお声掛けされます。

それさえきちんと対応すれば、他は自由にお過ごしいただいて問題ないかと思います。

ご年配の方

工事の時間指定は原則できない。

光回線工事において、「何時から何時までの間に必ず終わらせてくれ」というのは原則不可能です。工事業者は1日5~6件程度の現場を回って工事しています。

工事予約は「午前フリー」「午後フリー」が一般的です。

場合によっては「朝一番希望」「午前遅め希望」「昼過ぎくらい」「夕方近く」など、2時間枠程度でのご要望を出すことは可能かも知れませんが、前の現場の工事に手間取ったり、交通渋滞があったりもするので、その時間帯に必ず来れるわけではありません。

どうしてもお忙しい場合は、「訪問30分前電話連絡希望」などのご要望を出すことをおすすめいたします。

工事業者は契約内容を知らない。

工事業者は、あくまでも委託されて光回線工事をする業者であって、お客様がご契約した内容(月額料金・オプションサービス・キャンペーンなど)は一切情報開示されておりません。

「このキャンペーンってどういうものなの?」「知りません!」と答える工事業者はあまりいないでしょうが、情報開示されていない以上、下手なことをお話しできないものです。

何かしらご質問をしても、「お手数ですが、申込窓口にお問い合わせください」と答える工事業者が多いでしょう。

「こんなことも知らないのか!」と思う場面もあるでしょうが、誤った情報をお伝えしてお客様の不利益にならないための対応ですので、どうぞご了承ください。

可能であれば、お子さんやお孫さんなど、インターネットにお詳しい方もご一緒に工事立会していただくことをおすすめいたします。

光回線工事の心得 まとめ

皆様、お忙しい中貴重なお時間を割いて2時間程度の光回線工事にお立会いいただくのはなかなか大変かと思います。

せっかくご契約・工事立会していただく以上、ご満足いただけるサービスをお選びください。

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました